2018年12月13日木曜日

株式会社朱常分店様からバナナの寄付をいただきました!

クリスマスを前に、今回も朱常分店様からバナナを1箱いただきました。

すぐに食べたい利用者さんも居りましたが、今回はインドネシア産で2日後くらいが美味しいとのことでしたので、ちょっと我慢して美味しく食べてもらいたいと思います。

2018年12月3日月曜日

京都市朱雀工房から「いのしし親子」のご紹介をいたします

 京都市朱雀工房では授産製品として3年ほど前から縫製によるめがねケースやペンケースなどを製作し、販売しています。
 ただいま2019年の千支である「いのしし親子」を作成し、販売しています。
タオル生地を使ったミニサイズの置物です。大、中、小のセットで赤いフェルト、木札もついています。
 
 いのしし大(W)4cm×(H)6.5cm×(D)2.5cm
 いのしし中(W)3.5cm×(H)5cm×(D)2cm
 いのしし小(W)2cm×(H)3.5cm×(D)1.5cm
 価格は2千円です。
 箱に入れてお渡しいたします。




 

 いのししは勢いがよく、勇気と躍進の象徴とされ、多産であることから無病息災・子孫繁栄をもたらすとされ、武士の守り本尊「摩利支天」の使いで高い奉仕精神で幸運と運を叶えてくれるといわれています。
 お正月以外でも一年を通してディスプレイやインテリアにいかがでしょうか。
 ご注文、商品のお問い合わせは、京都市朱雀工房にお電話でお願いいたします。
 電話は、075-813-0501です。


               

2018年11月28日水曜日

12月13日(木)1時30分から京都市朱雀工房事業所説明会を実施します

 冬にむかって気温が下がり、紅葉がさらに鮮やかになってきました。師走にもうすぐ入ります。新年に気持ちを新に仕事をしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 京都市朱雀工房就労移行支援事業では、「働きたい」というお気持ちの方に支援を行っています。11月にはお一人の方がホテルに就職されました。ただいま6名の方が、利用されており、定員が10名ですので、メンバー募集中です。
 所内訓練、所外作業、就労支援プログラム、SST(対人技能訓練)、SFA(社会生活向上プログラム)、労働関係機関のセミナー受講等を通じて基本的生活習慣、集中力、維持力をつけ、対人関係を向上し、就労をめざします。
 説明会を下記のように行います。当日所内作業や就労支援プログラムを体験していただけます。是非お気軽にご参加いただきますようお願い申し上げます。
 なお、事前にご参加のご連絡をいただけますとありがたいです。連絡先は、京都市朱雀工房 電話 075-813-0501 です。

               記
京都市朱雀工房 事業所説明会
日時:平成30年12月13日 13時半~15時
場所:京都市朱雀工房
    京都市中京区壬生仙念町30番地京都市地域リハビリテーション推進センター1F
内容:京都市朱雀工房 訓練プログラムの説明と体験
連絡先:電話 075-813-0501

2018年11月6日火曜日

11月15日に京都市朱雀工房 事業所説明会を行ないます

 紅葉が美しくなり、秋も深まり、活動しやすい季節になってきました。
「次のステップに行きたい」、「働きたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 京都市朱雀工房の就労移行支援事業では、10月末にお一人の方が就労され、利用者をただいま募集しています。
 京都市朱雀工房では、箱の組み立て、雑貨の製作、コーヒーフィルターの検品などの基本的な作業や寺院での清掃、職場実習に従事し、規則正しい生活を送り、集中力や持続力、就労に必要な力を身につけていただきます。作業をしていただいた方には作業工賃を支給いたします。
 履歴書、職務経歴書の書き方、職場マナーなどを就労プログラムで学び、面接の練習や自分の気持ちをうまく伝える方法などを対人技能訓練で学びます。
 また健康管理、余暇の過ごし方、社会資源の利用の仕方など社会生活力を高めるプログラムも用意しています。
 11月15日(木)午後1時30分から京都市朱雀工房にて事業所説明会を開催いたします。作業体験やプログラム体験ができます。どうぞお気楽にご参加ください。
 なお、事前にご参加のご連絡をいただけますとありがたいです。連絡先は、075-813-0501です。

2018年10月11日木曜日

京都市朱雀工房 事業所説明会を10月18日に行います

 ようやく秋らしくなってきました。体調も良くなってきたし、活動できる場所を探したいと希望していらっしゃる方も少なくないのではと思います。まだはっきりどこに通所するかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方に気楽に来ていただき、体験もできる事業説明会を下記のように開催いたします。どうぞお気軽にお越しください。

             記
○日時:平成30年10月18日(木)午後1時30分から
○場所:京都市朱雀工房 5F 会議室
    京都市中京区壬生仙念町30番地京都市地域リハビリテーション推進センター
     阪急 西院駅 東 400メートル 
     京都市バス 四条御前通 前
○内容:パワーポイントや映像での事業所紹介
    作業室 見学
    作業体験 など
※連絡なくお越しいただいてもよろしいですが、事前にご連絡いただけるとありがたいです。



大変遅くなりましたが、グリーンカフェの報告をいたします

 今年は、豪雨や台風など自然災害が多く、被害にあわれた方々にはこころよりお見舞い申し上げます。また一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
 統合失調症情報ステーショングリーンカフェは当初7月7日に開催を予定しておりましたが、数日前から豪雨の警報が出されており、やむなく9月8日に延期いたしました。また会場も「バザールカフェ」に変更となり、希望されていたのにご参加できなかった方もいらっしゃり、おわび申し上げます。
 9月8日は朝は雨が降っていましたが、開始時刻には雨も止み、暑さもしのぎやすくなり、27名のご参加のもと開催いたしました。
 岡本クリニックメンタルケア室岡本慶子医師のミニ講演「当事者に学ぶ統合失調症との付き合い方その2」、王将さんの体験談「福祉環境コーディネーターをめざしています」
横島若騎さんのミニピアノコンサート、京都ユーザーネットワーク・京都障害者就業・生活支援センターの活動紹介、相談タイムという内容でした。
 
 今回はミニピアノコンサートの後交流する時間を持つことができ、近況をお話されたり、体験を交換しあったり、交流できて「自分だけじゃなかったとわかってよかった」との感想も寄せられており、好評でした。 




相談タイムには11名の方から就労や生活、療養についてのご相談がありました。
 緑あふれる落ち着いた空間でこのような情報や交流の場を持てて癒しとなりました。
 もっと統合失調症が身近に語られ、安心してよりよく暮らせるようになればと思いました。
 ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。

2018年9月11日火曜日

株式会社 朱常分店様からバナナの寄付をいただきました。

今回も株式会社 朱常分店様より、朱雀工房、かれん工房、西山高原工作所の3事業所にバナナのご寄付をいただきました。

利用者、職員一同感謝の気持ちを持ってご馳走になりたいと思います。
今回もありがとうございました。